FC2ブログ


↓↓↓↓↓↓【まずここをクリックしましょう】↓↓↓↓↓↓



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログは報道されない真実を教えるブログです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓↓ブログランキングに参加中です!まずは応援クリックお願いします!↓↓↓
                         

【言いたい放題?それとも真実!】

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

↓画像をクリック↓

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
176位
アクセスランキングを見る>>


検索フォーム
最新記事
自動売買で稼ごう
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

アヘン・コカイン・大麻などの麻薬の原料アルカロイドとは窒素原子を含み、塩基性を示す天然由来の有機化合物の総称である

麻薬と言えばアヘン・コカイン・大麻など植物由来のアルカロイドから合成されたものがほとんどです。すなわち地球上のほとんどの植物から麻薬を作る事が可能と言う事です。最近の研究でよく知られているのがナス科植物の茎・葉・花・種子に多く含まれていると言う事実です。すなわちトマトにも含まれています。特に塩分を大量に摂取させて糖分を増やした甘い塩トマトの種子と皮に含まれるアルカロイドは普通栽培のトマトよりかなり多いようです。このように植物を食べる我々人間は常に麻薬を摂取している事になります。この事から考えると全ての人間が麻薬取締法で逮捕されても仕方がないと思うのですが、、、、皆さんはどう思いますか?やはり麻薬取締法には厳密な線引きが必要と思います。線引きしないとベランダで観葉植物を栽培しただけで罪に問われる事になります。だから麻薬取締法が適用出来るのは金銭目的で販売目的で、麻薬生成が可能な植物を栽培した時のみに適用されるべきです。追記として30年くらい前に麻薬取締法には触れずに行われていた遊び的な弱い覚醒効果と幻覚効果のあるやり方が流行していました。それはバナナの皮の内側の白い筋のようなものを乾燥させて、それを紙に巻いてタバコのようにして吸えば弱い覚醒効果と幻覚効果が得られます。これは現在でも麻薬取締法で摘発は出来ないようです。その理由は単なるバナナの皮だからです。但し、バナナの皮で快楽を得たいのか?得たくないか?は貴方次第です!


↓↓麻薬の元になるアルカロイドの化学式です↓↓


スポンサーサイト

関連記事 [自然科学]
自然科学 | コメント(0) | 20190314101910 | 編集
↓↓↓↓↓↓記事がお役に立ちましたら応援クリックをお願い致します↓↓↓↓↓↓

             

金運アップ
画像をクリックすると金運がアップします
人気ブログランキング
↓画像をクリック↓


↓画像をクリック↓


↓画像をクリック↓


↓画像をクリック↓



応援クリック④ ⑤ ⑥
↓画像をクリック↓

最新記事
FXで億万長者になろう
    © 2019 【言いたい放題?それとも真実!】  Designed by 意地天